少年・・・みたい・・?

山登りや、日々の記録

和名倉山 '17.6.3~4

今週もフカ君と一緒に東北を予定していましたが、天気がいいのは奥多摩、八ヶ岳、南アルプス、北アルプス南部と中央アルプス方面。
フカ君:「この辺りで行った事なくて行きたい所はないの~?」
私:「和名倉山~!」
フカ君:「マジで!大好きな山だ~。鬼のような行程だけど・・・。」
ということで、奥多摩大得意なフカ君プロデュースで、15年前からずうっと気になっていた和名倉山に、地獄のプランで行ってきました~

鬼のような行程はこちら↓



P6038330 (640x480)
フカ君の車を出会いの丘Pにデポして、二瀬ダムからシュッパ~ツ!

P6038332 (640x480)
超ダム好きのフカ君とダムを見下ろす。の図。

P6030858 (640x480)
奥の吊橋から取り付くそうです。

P6038335 (640x480)
怖くないけど揺れ方が気持ち悪い吊橋。

P6030867 (640x480)
鬼の行程の始まりは凶暴じゃないけどずっと急登ですしかも先週の筋肉痛まだ治ってません

P6030871 (640x480)
登り続けること2時間。やっとなだらかになりました~。

P6038337 (640x480)
なにこの緑~

P6038345 (640x480)
気持ちいい~(≧▽≦)

P6030877 (640x480)
昭和の残骸。

P6030878 (640x480)
どうなってるの?

P6030879 (640x480)
なんかジブリっぽい~。

P6030881 (640x480)
地図にあるスズタケのヤブ。ですが何年か前に枯れてしまったそうです。

P6030890 (640x480)
スズタケゾーンを過ぎると今度はコケゾーン。

P6030891 (640x480)
ミヤマカタバミ。

P6030888 (640x480)
「もうここにテント張ってもいいんじゃない?」

P6030898 (640x480)
とか言いながら二瀬分岐までやって参りました。

P6030895 (640x480)
荷物をデポして山頂に向かいま~す。

P6030899 (640x480)
赤ちゃんぼっくり。

P6030901 (640x480)
今年初マイヅルソウ。

P6030896 (640x480)
到着~ 苦節15年。行程6時間半。滞在時間6分(笑)

P6038387 (640x480)
和名倉山から先は展望が開けてきました~。

P6030902 (640x480)
明日歩く稜線。遠っ。

P6030903 (640x480)
南アルプスも見えます

P6030907 (640x480)
今度はシャクナゲゾーン。

P6030908 (640x480)
こちらも今年初。

P6030918 (640x480)
シャクナゲのトンネル~

P6030921 (640x480)
イワカガミも~。

P6030922 (640x480)
開けてて気持ちいいね。

P6030925 (640x480)
しかし登り返しキツイっす

P6030926 (640x480)
東仙波着いた~(ー。ー)フゥ

P6030927 (640x480)
「手前のポコっの向こうに下りたらテン場だからね。」なんか近そうに聴こえるけどあと1時間半以上あります。
ここでテン場に着いたときのシュミレーションをします( ̄- ̄)ゞ

P6030937 (640x480)
ありがたい巻き道を通っていよいよもうちょっと。山の紳士って?

P6030939 (640x480)
見えた~!

P6030941 (640x480)
着いた~!

P6038409 (640x480)
9時間半かかったよ~

P6030943 (640x480)
あとは先程のシュミレーション通り。2人がテントを張ってる間に、

P6030942 (640x480)
唐揚げを温めて~、

P6030945 (640x480)
カンパ~イ!ウマイっ(≧▽≦)

P6030946 (640x480)
本日のメインはレトルトおでんwithプチトマト。

P6038415 (640x480)
&ポテトサラダ~byフカ君。

P6030947 (640x480)
寒いのでテント内に移動。
「この玉子何とかして~。」と言われて作ったハムエッグをつまみに夜は更けていくのでありました
といつもはなるのですが、何せ明日も10時間以上歩くので8時に就寝したのでありました~

P6040949 (640x480)
朝で~す。ゴールまで全然行ける気がしないけどとりあえずシュッパ~ツ。

P6040950 (640x480)
行かなきゃ帰れないしね。そういえば筋肉痛治ってる(笑)

P6040952 (640x480)
身体に優しい道です。そして左側には、

P6040951 (640x480)
富士山ド~ン!

P6048425 (640x480)
で、本日1つ目の唐松尾山に到着~

P6048436 (640x480)
ここもシャクナゲいっぱいです。

P6040965 (640x480)
ついつい富士山の写真を撮りながら、

P6040967 (640x480)
ずうっとこんな感じの道を行きます。

P6040968 (640x480)
お天気最高だぁ!

P6040969 (640x480)
ミツバツツジも綺麗ねぇ。

P6040977 (640x480)
で笠取山(東京版)に到着~。

P6040978 (640x480)
こっちは山梨版。

P6040974 (640x160)
景色最っ高

P6040979 (640x480)
なんか撮影してます。

P6040980 (640x480)
「にっぽん百名山」だそうです。

P6040982 (640x480)
この後向かう方面。

P6040983 (640x480)
下りて来た笠取山。笑っちゃうくらい直登です。

P6040986 (640x480)
バーン!と開けた所に出ました。

P6040992 (640x480)
雁峠です。「カリ」かと思ってたら「ガン」だそうです

P6048470 (640x480)
超気持ちいい所ですが、ここからはしばらく登りです

P6040994 (640x480)
ついつい撮ってしまう富士山や、

P6040995 (640x480)
ミツバツツジ。

P6040997 (640x480)
本日の目標(ゴールではありません)雁坂峠にだいぶ近づいてきました。

P6040998 (640x480)
ここもシャクナゲ。

P6041002 (640x480)
燕山通過~。

P6041007 (640x480)
笹尾根~。

P6041010 (640x480)
ベンチ~。

P6041013 (640x480)
なのでお昼ごはん~。

P6041014 (640x480)
古礼山通過~。

P6041015 (640x480)
1回落とされて登り返して、

P6041016 (640x480)
水晶山通過~。

P6041018 (640x480)
コケゾーンをしばらく行くと、

P6041021 (640x480)
見えた~ 本日の目的地(ゴールではありません)、雁坂峠~

P6041020 (640x480)
前に来たときにとっても印象が良かったので、また来たかったのよね~。

P6041025 (640x480)
で着きました~\(≧▽≦)/(まだゴールぢゃないけどw)

P6041026 (640x480)
2人が見ているのは、

P6041028 (640x480)
こ~んな景色。ちなみにフカ君はこれで金峰山から全部繋がったそうです。想像できん(笑)

P6048505 (640x480)
なのでバンザ~イ!

P6041035 (640x480)
雁坂小屋でコーラを買って、カンパ~イ。うま~い(≧▽≦)

P6041034 (640x480)
小屋番さんが、「山肌にハートがあるよ」と。

P6041033 (640x480)
ホントだ~。ちなみにあれはダケカンバで、もうすぐ緑色のハートになるそうです。

P6041036 (640x480)
小屋から見えた和名倉山。

P6041038 (640x480)
あとは下るだけ~。

P6041042 (640x480)
といっても3時間あります

P6041041 (640x480)
がんばんべ~。

P6048521 (640x480)
にしても長い

P6041045 (640x480)
やっと林道出た~! でもまだゴールじゃないけど。

P6041046 (640x480)
途中写真を撮る気力もないまま、登山口着いた~!まだゴールではありません。

P6041048 (640x480)
豆焼橋着いた~\(^o^)/ えっ?ゴールはあの上?

P6041049 (640x480)
あの陸橋の所が雁坂トンネル。さっきまであの上にいたんだねぇ

P6041050 (640x480)
あの奥が和名倉山。

P6041052 (640x140)
グル~っと。よく歩いたもんだww。

P6048536 (640x480)
橋から結構登って、

P6048539 (640x480)
出会いの丘着いた~。今度こそゴ~ル 疲労感達成感はんぱないッす。 
フカ君素敵なプランをありがとう(@^▽^@)ノ 39!



ポチっとすると励みになります
ピストンデチャチャットイクトオモッテタノニネ


スポンサーサイト
  1. 2017/06/08(木) 08:15:59|
  2. 埼玉県の山|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

| ホーム | 次のページ