少年・・・みたい・・?

山登りや、日々の記録

蝶が岳~常念岳 '12.8.15~16(2日目)

つづきです。
翌朝は3時起きです。4時に出発する予定でした。雨は止んでいますが、すごい霧です。とりあえず、のんびり撤収に取り掛かります。
が!!この度、テントの撤収がもの凄く早かったのです。なぜか3人とも無駄な動きがなく雨に濡れたテントもあっという間に片付いちゃいました。
まだ真っ暗だし、霧も深いし、初めての山なので、無理だったら戻って下山もありだねって、でも行ける所まで行ってみようって事で、ちょっと小屋で休ませてもらって、4時半に出発です。
DSCF4434-2.jpg
霧だし、稜線で寒いだろうと、全部着ます。

P1060629-2.jpg
全部着すぎてアシモ君みたいになってる人がいます( ´艸`)。

P1060625-1.jpg
明るくなってきて歩きやすい道です。先に言っちゃうと歩きやすい道はココだけです

P1060633-1.jpg
ご来光で~す。

P1060639-1.jpg
蝶槍のトップです。晴れてきました!!全部着すぎて暑いので脱ぎます。

P1060647-1.jpg
蝶槍からの、朝ごはんからの、北アルプスです。
ボケーっと朝ごはんを食べていたら、「なんか飛んでる。・・・雷鳥だ!!!」一瞬ですが雷鳥見ました!

P1060650-1.jpg
蝶槍からは樹林帯の中を、「あーもったいない」位下ります。

P1060664-1.jpg
そうするとどうなるかと言うと、登る事になります。

P1060669-1.jpg
だいぶ近づいて来ましたぞ。

DSCF4451-1.jpg
稜線に出ました。気持ちよさそうな道です。
「おおーこれぞ縦走の醍醐味よね!この気持ちのいい稜線歩きよね。」

DSCF4455-1.jpg
って、岩だらけじゃん∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

DSCF4457-1.jpg
でも振り返ると、気持ちよさそうな一本道です。

P1060683-1.jpg
でも、岩だらけです∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

P1060688-2.jpg
「ママー(*^ω^*)ノ彡」
「ロイミー♪(◎´∀`)ノ」
・・・・・・・

P1060692-1.jpg
みなさーん!あれは偽ピークですよー!

P1060694-1.jpg
こんなものには癒されませんよー!

P1060695-1.jpg
いかんいかん。心がすさんできた。
がんばって登らねば!

P1060706-1.jpg
がんばって登っています。

P1060707-1.jpg
il||li _| ̄|○ il||li

P1060711-1.jpg
着きました!!大変でした。ほんと大変でした。
ずっと憧れていた常念なのに、感動より大変さが勝っています。
まだ9時半なのにもう5時間も歩いています。

P1060717-1.jpg
なーんにも見えないし、今日はいっぱい歩くので前常念へ向かいましょう。
1時間程なので着いたらお昼ご飯にちょうどいいわ。

P1060724-1.jpg
えーっ!1時間もこんな岩場ですかー?

P1060725-1.jpg
そーですよー!
P1060728-1.jpg
もうすぐですよー!

P1060729-1.jpg
着きましたー!お昼ごはんデース!
今日のメニューはホットドッグです。ケチャップとワカモーレをかけていただきまーす。

P1060734-1.jpg
あと4時間半も歩かなくてはならないので、食べたらサッサと出発です。
サッサとしすぎて前常念の写真撮るの忘れました
こちら側から登ってこられたご夫婦に聞くと、この先もしばらくこんな岩場だそうです。ハー
もう当分岩場はいいや。

P1060736-1.jpg
下りだって大変だよう(≧д≦)
このルートは道標が少なすぎてコースタイムだけが頼りです(地図をみてもいまいち現在地がわからなくて)。でも岩場も大変だったし、ものすゴーく疲れていて、かなりペースダウンしているので、あと2時間はかかるねって話していたら、先程前常念ですれ違った単独の男性が下りてきました。今日はピストンで前常念までって言っていたので、三股まであとどの位か聞いたら、「すぐだよ。も、ほんとすぐだよ!」と颯爽と行ってしまいました。ところがこの男性なんと常念まで行って来たそうなんです。信じられないくらいの健脚っぷりです。結局彼のすぐは私達の1時間でした。
2時間だと覚悟していての「もうすぐ」はすごーく嬉しくて、痛かった足が楽になりました。
しかし歩いても歩いても「すぐ」のはずの三股は現れません。「すぐ」っていうのは、人によっても違うし地方によっても違うのかなあ、やっぱ都会人はせかせかしているのかなあ、それほど都会人でもないか、あー足痛いなあ、疲れたなあ、休んじゃおっかな、などといろいろ考えながら歩いていると、ちょっと前の方で娘が、疲れで痛い足を引きずりながら、一生懸命歩いています。その姿にちょっと目頭が熱くなりました。母もがんばらなくては!
そうして三股にやっとのこと着きました。結局コースタイム通りでした。
でもまだ終わりではありません。駐車場まで20分です。この20分間が2日間で一番ザックが重いと感じました。

リンクバナーちいちゃん
コメントイタダケタラヨロコビマス

スポンサーサイト
  1. 2012/08/22(水) 05:19:28|
  2. 北アルプス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

| ホーム | 次のページ