少年・・・みたい・・?

山登りや、日々の記録

行者岳だけ '13.2.24

いやあ、人の記憶とはいいかげんなものです。
たまにはたっぷり歩きたいなぁ、陽だまりの里山を縦走するのだ!
と過去に2回行った事のある行者岳~地蔵岳~夕日岳に行くつもりでした。

P1070483-1.jpg
古峯神社の駐車場に着くと、小雪が舞っています。
晴れてるのに、風花かな?

P2240659-1.jpg
あれ?今日晴れじゃないの?
陽だまりは?

P2240657-1.jpg
神社から登山道入り口までは40分の車道歩きです。
車道40分歩いている時点でもう里山ではない気がする。

P1070487-1.jpg
登山道入り口に入りまーす。
以外に雪があるぞ。

P1070489-1.jpg
川沿いの整備された遊歩道ですね。

P2240661-1.jpg
何か間違って写真ちっちゃくなっちゃったけど、
残雪が所々にあって、里山っぽい道・・・

P2240662-1.jpg
どころか、本格的な雪道になってきました。

P2240663-1.jpg
そして、トレースに平行するようにある微妙な大きさの足跡。
どなたの足跡でしょう?
念のため鈴をつけましょう。

P2240664-1.jpg
うーん冬景色ぃ

P1070502-1.jpg
そして、まるでスケート場の様な開けた所に出ると、

P2240665-1.jpg
ジャーン!古峰ヶ原高原です。
そう、高原です。もう絶対里山ではありません。

P2240668-1.jpg
気温は-8℃、それほど寒くはないけど、風が強いのでフェイスマスクをつけます。
そして、陽だまり里山ハイキングどころか絶対雪山なので、6本爪もつけます。

P1070506-1.jpg
この鳥居から本格的な山道です。
そうそう、今回ろくに読みもしないで持ってきた「新・分県登山ガイド 栃木県の山」の
行者岳・地蔵岳・夕日岳を著していたのは偶然にもお正月に雨巻山でお会いした小島先生でした。
ろくに読みもしないでゴメンナサイ。
過去2回とも初秋の陽だまりハイキングだったもので勝手に里山だと思い込んでました

P2240672-1.jpg
イメージでは今日はこんな感じの山道をハイキングするつもりでした。

P2240676-1.jpg
実際はこう。

P2240677-1.jpg
登山道の脇の笹の上はちょっと歩きやすい。

P1070509-1.jpg
が、あえて雪の深い方へ。

P2240674-1.jpg
おー深い!

P1070510-1.jpg
ラッセルラッセルー
ツカレルー
ってこの時点で夕日岳はもうないな。
ムダに体力使うぞー!

P2240678-1.jpg
行者平通過。

P1070518-1.jpg
最後の登り。

P2240682-1.jpg
行者岳着きましたー!
大幅に予定時間オーバーです。
今日はここで引き返します。

P2240683-1.jpg
誰が何の為につけたか、何処に行くか解らない印をたどって戻ってみる。
が心配なので登山道に戻りましょう。

P2240684-1.jpg
風の弱い場所でお昼にします。
ムダに体力を使っているのでお腹がペコペコです。
最近のお気に入り。
いっただきまーす

P2240685-1.jpg
щ(゚Д゚щ)
全部ひっくり返してしまったカツマサ君に半分あげます

P2240687-1.jpg
振り返って見たたぶん行者岳。

P2240688-1.jpg
鳥居まで戻ってきました。

P2240691-1.jpg
行きには気付かなかった行者沼。ってそれよりこの木すごいね。

P2240692-1.jpg
あとはクマに遭わないように戻るのみ。

P1070530-1.jpg
わーい!雪楽しー
(陽だまりハイキングはもう忘れました。)

P1070532-1.jpg
プチ氷爆。みたいな。

P2240695-1.jpg
カツマサ君がどうしてもと言うので車から降りて撮ってあげました。


サイゴノシャシンドーデモイインダケド

スポンサーサイト
  1. 2013/02/28(木) 17:40:30|
  2. 栃木県の山|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9

| ホーム | 次のページ