少年・・・みたい・・?

山登りや、日々の記録

雨巻山整備(?) '12.10.13

心優しきデイダラボッチさんのブログで10月13日と14日に雨巻山の整備をすると書いてあったので、参加させて頂きました。
PA130339-1.jpg
まずは駐車場にてデイダラボッチさんから皆さんのご紹介。
そして、作業の説明や班分けがありました。

PA130340-1.jpg
今回ご一緒させて頂いたのは栗生のAさん・yamasanpoさん・ヤマビコちゃんさんです。
せっかく遠くから来たんだからと、沢山歩けてやることは少ない三登谷山コースです。

PA130341-1.jpg
主な作業は登山道の水切りと、古くなった標識の交換と、枝払いです。
水切りってなんだべ?って思っていたら、ジグザグの登山道の>とか<の所に溝を掘って谷側に水を流れさせる様にするんですね。
こういう一手間で登山道が流れないようになっているんですね。うーん勉強になるー。

PA130343-1.jpg
もともとよーく整備された登山道なので他にすることはなく、せっかく枝きりバサミをお借りしたので、2.3本枝切ったかなー?って所で三登谷山に到着です。
ヤマビコちゃんさんからゼリーとキュウリのお漬物を頂いて休憩。おいしかったー。
そこで持ってきた工具を確認したカツマサ君が電動ドライバーを忘れたことに気付きます。
ドライバーは入っていたので、とりあえずナントカなりそうです。
あっ、このときyamasanpoさんにブログのURL付の名刺を頂きました。今度真似しちゃおう。

PA130344-1.jpg
そして標識の交換です。文字が薄くなって判りにくくなっていて、道を間違えた人が益子の役場に苦情を言ったそうです。(山って自己責任で登るもんじゃないのかな?)
さあ交換!って所でボルトが錆び付いていてこりゃ大変だぁ。となってたら、「忘れ物よー」としーちゃんさんとハイジさんが電動ドライバーを届けてくれました。あまりのグッドタイミングにびっくり!!

PA130345-1.jpg
男性陣が標識の交換をしている間に、「せっかく遠くから来たんだから」って雨巻きガールズが展望コースを案内してくれました。
ここはずうっとどっかに下りる道だと思っていました(間違いではないんだけど・・)。

PA130347-1.jpg
いかにもこの先は開けてそうな道を行くと・・・

PA130346-1.jpg
おーっ!!
登山道から見えている断崖に立つ一本松です。ここまで来れるのねえ。
ここにはいつのまにか移動したベンチがあって休憩にはもってこいのスポットです。

PA130348-1.jpg
戻ってくると新しい標識ができていました。

PA130349-1.jpg
そこへ三登谷山の方から来たご夫婦が道を尋ねて来て、この標識は以外と目につかないということが発覚。
さっそく次の日に改善されたようです。(なんと早い対応!!)

PA130351-1.jpg
お昼ごはんがまっている雨巻山にとうちゃーク

PA130352-1.jpg
おおーパーティーみたーい

PA130353-1.jpg
イワちゃんさん特製餃子入りモリちゃんさんの奥様特製ののけんちん汁(判るかな?)。美味しかったー

PA130354-1.jpg
こちらはyamasanpoさんが「おいしいよー中にあんこはいってるんだよー」と言っていた、
モリちゃんの奥様の手作りおはぎ。美味しかったー
ほかにもお漬物、きんぴらごぼう、いかと冬瓜の煮物、りんご、梨など愛情たっぷりのごちそう。
持って帰ってみんなにも食べさせてあげたいくらい美味しかったです。

PA130355-1.jpg
それから、グリコ体操をデイダラボッチさんから直々に教わりました。
そういえば腰が痛かったのに大丈夫だったかなぁ?

PA130356-1.jpg
ごはんを食べたら展望台にいきました。あいにく展望はいまいち。これは展望台の近くにあったトリカブト。みんなが展望台の脚を直している時に、私たちは栗生のAさんに秘密の花園を案内してもらいました。お花を持って行っちゃう人がいるので場所は内緒なんですが、公開してみんなで守ってもらった方がいいのか迷うところなんだそうです。

PA130358-1.jpg
くだりは峠コースと沢コースに分かれます。
私たちはお願いして行った事のない沢コースに連れて行ってもらいました。

PA130360-1.jpg
古くなった土留めの交換作業です。

PA130361-1.jpg
みなさん手際が良くてすごいです。「ここはこうするか?」って言っていると同時にこうなっちゃうんです。

PA130362-1.jpg
おおー!!
私はなーんにもすることが無いので土を踏み踏みしてました(笑)

PA130364-1.jpg
沢は大きな流木をチェーンソーで切って片付けたり、流れに詰まったゴミを取り除いたり、
私たちは後ろから着いて行っていたのでやる事は何にも無くなっちゃっていたんだけど、、ちょっと沢のゴミを片付けたら、沢の音が変わって、みるみる水が澄んできて、感動です。

PA130365-1.jpg
PA130366-1.jpg
hosoyaさんのカッコイイ車に乗せてもらって、駐車場にもどってきました。
冷たいコーラとジンジャーエールまでご馳走になって・・・
あと、イッシーさんに褒めてもらっちゃって、褒めてもらったから言うわけじゃないですけど、
家に帰ってからも毎日二人でイッシーさんいいよねぇ、ファンになっちゃったねぇって話しています。
雨巻山600回登頂おめでとうございます。

PA150369-1.jpg
これは行方不明になっていて車に置いてけぼりにされていたしーちゃんさん(間違っていたらゴメンナサイ)のなすがおいしかったので、真似して作ってみました。ロイミー♪も大絶賛です。
おはぎは無理なので・・・


番外編

PA180386-1.jpg
雨巻山を知ったのはこの本でした。車を止めてグルリップできるので、行ってみようってことになって、

PA170384-1.jpg
一番最初に行ったのは2007年5月26日でした。(これはロイミー♪に書かせていた山日記です。)
もう一目惚れです。

PA170385-1.jpg
この年の12月にまた行っています。
それからは1年に3~4回は行くようになって、初日の出登山も2回(去年はサボったけど)いったし、
そうそう!ロイミー♪のブログ記念すべき初レポは偶然にも雨巻山でした。
いろんなご縁があってデイダラボッチさんから始まって、すてきなすてきな雨巻家族に出会うことができて、とっても感謝です。

この度は大変お世話になりました。
これからもよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト


  1. 2012/10/17(水) 18:31:34|
  2. 雨巻山|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

雨巻山 '12.10.20 | ホーム | 甲武信ヶ岳 '12.10.6~7

コメント

ちいさん、こんばんは。
雨巻山の宣伝と雨巻山整備の実況報告ありがとう。
標識は「分岐や山頂に限定しメッタヤタラ付けるべきではない」が持論なんですが、
里山の雨巻山には初心者が大勢やってきてくれるので、心持ち多めに付けているつもり。
万人を満足させるのは土台無理な話なんですよね。
明日(20日)を楽しみにしてます。
  1. 2012/10/19(金) 21:36:44 |
  2. URL |
  3. デイダラボッチ #YY2HISRA |
  4. 編集

デイダラボッチさん、昨日(20日)は楽しかったです。
ありがとうございました。

昨日も、今から登るの?しかも軽装?って人もいましたね。
私も最初は何も判らず、禁断のジーンズで登っていました(笑)
ずいぶんと成長しました。
  1. 2012/10/21(日) 17:43:30 |
  2. URL |
  3. ちい #- |
  4. 編集

水切りってなんだべ?

おおはようございます。
「2.3本枝切ったかなー?」、目に浮かびますe-266
「道を間違えた人が役場に苦情を」、飯豊にもいますよe-327、『本山小屋の管理人は、日帰り登山者に缶ビールを売らない!!』と下山後、町役場へ電話・・・、関西のおばちゃんパワー炸裂e-269。(実はこの話、管理人Tさん本人から聞いた感動物語なのです。詳しくは今度会った時にe-282
「お花を持って行っちゃう人」、飯豊にもいますよe-327、ヒメサユリを。残念だe-286
コカ・コーラは瓶が一番うまいe-280。瓶は炭酸を『がっと』に詰められるんだ。
僕もナス大好き。
ミーちゃんも読んでる素敵な山日記。
登山道や小屋を管理しているみなさんに感謝します。
おわり。






  1. 2015/05/29(金) 09:47:16 |
  2. URL |
  3. 高沢鉄博 #- |
  4. 編集

ネコもちいちゃんね

お兄さん、おはようございます。
水切りとは、登山道に水が流れて薬研堀にならないように、
水の通り道を作って、外に流すことです。勉強になります。
感動物語楽しみにしてま~す(^-^)/ 
  1. 2015/05/31(日) 09:09:01 |
  2. URL |
  3. ちい #- |
  4. 編集

e-319
  1. 2015/06/01(月) 08:59:51 |
  2. URL |
  3. 高沢鉄博 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://syonenmitai.blog.fc2.com/tb.php/15-cadc5b18

| ホーム |